副院長ブログ

sp_bn01.png

2014.12.16更新

胃がんや胃潰瘍、ポリープなど消化器関係の疾患発見に内視鏡検査は有効な検査方法です。
さらに近年注目されているのが、ピロリ菌の発見です。

ピロリ菌は胃の粘膜に住みつき、胃潰瘍や慢性胃炎を引き起こします。
しかし、ピロリ菌は除菌できる治療薬がすでにあり、胃の病気をもっている方は、保険適用で除菌することができます。
このピロリ菌がいるかどうかを判断するのに必要なのが、内視鏡検査です。
内視鏡で胃の細胞を採取し、ピロリ菌に感染していないかを検査します。
発見された場合は、1週間薬を飲むことで、除菌することができるのです。

大田区にある当院には、内視鏡検査の経験豊富な医師がおります。
つらくない検査で、病気の早期発見をしましょう。

投稿者: 医療法人社団山下医院

乳がん検診 受けていますか? 乳がん専門サイト 乳がん診療Q&A 内視鏡検査Q&A 副院長ブログ