副院長ブログ

sp_bn01.png

2014.06.27更新

当院の副院長は、救急や専門医の経験が長いため、広範囲な知識を持っております。風邪や腹痛などの一般的な病気の治療から、生活習慣病のコントロールなど、様々な診察を行っております。

また、当院の副院長の専門である「乳がんの検診」や「内視鏡検査」も行っております。実績のある専門医でありますので、患者様の負担をできるだけ軽くしつつ、精度の高さを保って行います。

当院の内視鏡検査は、10年以上も前から鎮静剤を使うことで、患者様に苦痛や不快感を与えない検査を行ってきております。ご不安のあるかたも、ご安心してお任せください。

なお、土曜日も検査を行っておりますので、お忙しい方にも最適です。高度医療機関での受診が必要な際にも、最適な医療機関と信頼できるドクターをご紹介いたします。大田区蒲田駅より徒歩五分です。

投稿者: 医療法人社団山下医院

2014.06.24更新

当院の副院長は、救急や専門医の経験が長いため、広範囲な知識を持っております。風邪や腹痛などの一般的な病気の治療から、生活習慣病のコントロールなど、様々な診察を行っております。

また、当院の副院長の専門である「乳がんの検診」や「内視鏡検査」も行っております。実績のある専門医でありますので、患者様の負担をできるだけ軽くしつつ、精度の高さを保って行います。

当院の内視鏡検査は、10年以上も前から鎮静剤を使うことで、患者様に苦痛や不快感を与えない検査を行ってきております。ご不安のあるかたも、ご安心してお任せください。

なお、土曜日も検査を行っておりますので、お忙しい方にも最適です。高度医療機関での受診が必要な際にも、最適な医療機関と信頼できるドクターをご紹介いたします。大田区蒲田駅より徒歩五分です。

投稿者: 医療法人社団山下医院

2014.06.17更新

当医院は東京の大田区にある地域のかかりつけ医です。10年以上前から、鎮静剤を使った内視鏡検査を行っています。内視鏡検査というと、痛みや苦痛が心配だと言って、まだまだ敬遠される方が多いのですが、当医院では安全性の高い鎮静剤を使用しているので、苦痛や不快感はほとんどありません。

では内視鏡検査では、どのような症状の診断ができるのでしょうか。内視鏡検査では、初期のがんや胃炎や胃食道逆流症などの診断が可能となっています。これらの病気は早めに発見すれば、薬の服用などで治すことができます。

何となく胃の調子が悪い、食欲がないなどの症状がある方は、早めの来院をおすすめします。内視鏡検査はバリウム検査よりも確実な検査方法です。

投稿者: 医療法人社団山下医院

2014.06.10更新

内視鏡検査と聞くと苦しくて痛い検査だと思う人もたくさんいるのが現状です。

内視鏡検査は、実際には何も感じない検査ではありませんが痛く怖い検査では有りません。内視鏡検査とは先端に小さなカメラがついた細いチューブ状の管を入れて直接食道や胃の中を診断する検査です。直接目視できる事で凹凸や色味が変わる病変などの診察ができます。さらに、細胞を採取できることで病理診断ができる確実な検査です。

検査を受ける際には不安や心配が大きいですが、喉に局所麻酔を行い鎮静剤を使う事で不安や緊張を和らげ、喉を通る際に起こる嘔吐反射も和らげます。少し眠い状態になることで苦痛や緊張が和らぎます。

大田区のお住まいの方々で、内視鏡検査を受けたいけれど怖くて痛い検査だと思いなかなか受けられない方は、ぜひ一度ご相談下さい。

投稿者: 医療法人社団山下医院

2014.06.02更新

当院は長年、大田区で地域のみなさまの健康を守ってきました。風邪や腹痛、生活習慣病のコントロールなど、体調についてのお悩みはお気軽にご相談ください。病院に行くまでもないかなと考えているその症状に、大きな病気の種が隠れているかもしれません。

当院は、大学病院や癌研で専門医や救急などの経験をつんだ医師が、豊富な知識をもとにさまざまな診察、治療にあたっています。乳がん検診や内視鏡検査もそのひとつです。

胃カメラや乳がん検診は、痛い、不快というイメージを持つ方が多いのですが、当院で受けられた方には、こんなに楽なのですか、とよく驚かれます。

これらの検査をすることで早期発見される病気はたくさんあります。これからの健康のために、ぜひ定期的に検査をお受けください。

投稿者: 医療法人社団山下医院

乳がん検診 受けていますか? 乳がん専門サイト 乳がん診療Q&A 内視鏡検査Q&A 副院長ブログ