内視鏡検査

sp_bn01.png

内視鏡検査とは?

内視鏡検査とは、先端に小さなカメラが付いた細いチューブ状の管を、お口やお鼻から食道や胃に入れて病態を調べる検査です。
カメラで直接目視できるため、レントゲンなどの検査ではわからない病態も診断可能ですし、細胞を採取して病理診断を行うこともできます。

当院の内視鏡検査

従来のイメージから、内視鏡検査は「苦しい」、「不快感がある」といった印象が強く、検査を敬遠されている方も多くいらっしゃいます。
しかし、当院では鼻から入れられる細い内視鏡(経鼻内視鏡)を用い、さらに鎮静剤で眠っている間に検査が可能ですから、苦しさや不快感もなくお受けいただけます。
当院で内視鏡検査をお受けいただいたほとんどの患者さんが、「苦しさや不快感なく受けることができた」と言ってくださっています。
もちろん、使用する鎮痛剤も、安全性の高いものを採用しています。

内視鏡検査をお受けいただくことで、胃がんや胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍などのさまざまな病気を早期で診断することができます。
また、慢性胃炎や胃十二指腸潰瘍、リンパ腫などを引き起こす原因となるピロリ菌の感染を検査することも。
特に胃がんは初期症状のない病気ですから、定期的な内視鏡検査の受診をおすすめしています。

こんな症状をお持ちの方は、内視鏡検査をお受けください!

  • 腹痛がある
  • 胃が痛い
  • 吐き気や嘔吐がある
  • 食べ物がつまる感覚がある
  • 胃液が口や胸まであがってくる
  • 胸やけがする

こんな病気を発見します

逆流性食道炎

胸やけや胸痛、嗄声、のどの違和感などの症状がある逆流性食道炎は、内視鏡検査を受ける約1~2割の方が診断される病気です。
お薬の治療で1~2日ほどで症状が改善されます。

胃潰瘍

ピロリ菌や鎮痛剤、胃酸などが原因で、胃の粘膜が傷付けられ、一部が欠損してしまう病気です。
お薬での治療や、内視鏡的止血治療によって改善をめざします。

胃がん

がん死亡数が肺がんに次いで2番目に多い胃がん。初期の場合、症状はほとんど出ないため、内視鏡検査での発見が何より大切になります。
胃もたれや胃の不快感、痛みなどの症状が出はじめる頃には、末期状態である場合が多くなります。

乳がん検診 受けていますか? 乳がん専門サイト 乳がん診療Q&A 内視鏡検査Q&A 副院長ブログ