内科診療(生活習慣病)

sp_bn01.png

生活習慣病とは?

生活習慣病は、糖尿病や高血圧、脂質異常症、高尿酸血症など、自覚症状のなく静かに進行していく病気が多いのが特徴です。
そうすると、気付かないうちに動脈硬化が進行し、突然の心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうことも。
実は、生活習慣病、または生活習慣病が原因で引き起こされる心臓の病気、頭の病気などによる死亡率は非常に高いのです。

しかし、自覚症状がないために、健康診断で診断されても放置してしまったり、治療を途中で止めてしまったりする方も多くいらっしゃいます。
生活習慣病になってしまったら、自覚症状がなくとも確実に進行していきます。
早めに病院で詳しい診断をお受けいただき、継続的にきちんと続けていく根気のよい治療をしていく必要があるのです。

当院の内科診療

当院では、風邪などの一般的な内科診療から、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の診療にも対応しています。
「どの診療科にかかっていいのかわからない」という患者さんも、まずは検査を行い、どんな病気であるのか、どんな治療をするべきなのかを診断させていただきます。
そのために、動脈硬化の検査や超音波検査、心電図、レントゲンでの検査、さらに、がん検診や健康診断、ぜんそく治療、プラセンタ治療など、さまざまな検査や治療方法をご用意していますので、ご不安やお悩みがあればお気軽にご相談ください。
地域に根付くホームドクターとして、患者のみなさんの健康を末永くお守りしてまいります。

乳がん検診 受けていますか? 乳がん専門サイト 乳がん診療Q&A 内視鏡検査Q&A 副院長ブログ